PLANET ZOOを攻略しましょう

Planet Zooラボ

施設

動物園を始める為に最低限必要なスタッフ用施設

投稿日:

恐らく初めて Planet Zoo で1から動物園を作る時、何から初めて良いのかわからない人が多いと思います。動物園を始めるにあたって必要不可欠な施設がたくさんあります。これらはスタッフ用の施設です。

ここではこの施設がなければ始まらないものについて解説します。

動物園に必要な施設について

トレードセンター

トレードセンターは動物園に動物を迎え入れるのに必要な施設です。トレードセンターがなければ動物のいない動物園にしかなりません。動物を導入すると、最初にトレードセンターへ送られます。

検疫所

検疫所は病気にかかった動物を隔離しておく施設です。病気にかかった動物を放っておくと、どんどん感染が広がってしまうかもしれません。動物が病気にかかったら速やかに検疫所へ移動しなくてはいけません。

また、新しく動物園に導入した動物を飼育エリアへ移動する前に検査も検疫所で行われます。

獣医外科

獣医外科は動物園内の動物病院です。病気になった動物を獣医外科で治療します。この施設がないの動物の治療ができないので必ず必要です。

研究センター

研究センターでは獣医が動物園に関する研究を行います。研究する事で知識がどんどん蓄積され、以下のようなメリットを得られます。

  • 動物の餌のグレードアップ
  • 新しい充実品
  • 繁殖プログラムの改良
  • 医療の発展
  • 教育の改良
  • ズーペディアの内容が増える

ワークショップ

ワークショップは整備士の研究施設です。動物園の施設やお店の研究が進められます。研究する事で以下のようなメリットがあります。

  • 施設のアップグレード
  • 新しいショップ
  • 移動用設備
  • 新しいフェンス
  • シェルターの設計図
  • 飼育エリアの設計図

スタッフルーム

スタッフルームはスタッフの休憩施設です。お昼にご飯を食べて休憩して、エネルギーを補充します。スタッフルームがないとスタッフが休憩する事ができません。休憩できないスタッフは作業効率が悪くなり、最後には退職します。

スタッフルームには定員があります。なのでスタッフが増えてきたらスタッフルームも増設する必要があります。スタッフルームが満員だと使えるようになるまで行列を作ります。

  • 小さなスタッフルーム:4人
  • 大きなスタッフルーム:12人

またスタッフルームはスタッフの訓練にも使われます。

飼育員の小屋

飼育員の小屋は動物の飼育のために必要な道具や餌の準備をする施設です。動物の健康を保つ為に必要不可欠な施設です。

  • 小さな小屋:1人
  • 大きな小屋:6人

飼育員の小屋は動物の世話をする為の施設ですから、設置する場所は極めて重要です。動物の飼育エリアから遠ければ効率が悪いでしょう?なので、飼育エリアから近い位置が最適です。飼育エリアが増えていけば、飼育員の小屋も適切に増やしていきましょう。

電力施設

動物園に電力がなければなにもできません。

電力施設には変圧器・風力タービン・ソーラーパネルがありますが、最初は変圧器しかありません。

※動物園の入口は最初から電力が供給されています。入り口周辺は電力施設を設置しなくても電気が使えます。

水処理施設

水処理施設は水をキレイにする施設です。動物にきれいな水を与え、病気になる確率を下げます。

設置する場所

ここまで紹介した施設は全てスタッフ用施設です。一般のお客さんの目に触れる場所にあると、満足度を下落させます。スタッフ用通路に接続するのが適しています。

お客さんにどれくらい悪影響を与えるのか確認する方法があります。画面左下のレーダーマークをクリックしてください。

ここでは動物園内の様々な情報を確認できます。画面上部より右から3番目のボタンを押してください。

スタッフ用施設がお客さんに悪影響を与える範囲が確認できます。なので、スタッフ用施設はお客さんが通る場所から離して設置し、目に触れないようにする必要があります。

次のページ










-施設

Copyright© Planet Zooラボ , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.